So-net無料ブログ作成
検索選択

空冷エンジン

空冷エンジン

空冷DOHC・並列4気筒エンジンが大きな特徴です。

バイクに乗っているとツーリングでの休憩で、いろんな人から声をかけられやすいです。
「空冷は。。」「○気筒。。」って言葉が出てきたときに知っておくと話の幅が広がります^^

それに、エンジンのことは詳しく知らなくても、「空冷」と「水冷」の違いは乗り手に大きく影響します。

「空冷エンジン」というのは、文字通りエンジンの熱を空気で冷やします。
走行風を受ける面積を増やすために、エンジンに冷却フィンと呼ばれる蛇腹上の板が付いています。

要するに、エンジンが常に放熱している状態なので、夏場はとにかく暑いです!

一緒にツーリングに行った仲間が、「信号待ちで近寄ると暑くてたまらん」と、1m以内に近づかないぐらいの熱気を放出します[どんっ(衝撃)]

それだけならまだしも、渋滞にハマってしまうとエンジンのパワーが落ちてきてしまう、いわゆる「熱ダレ」を起こしてしまいます。

エンジンも乗っている人間も熱で体力を奪われます(苦笑)

軽量で比較的簡易な造りなのでコストパフォーマンスがよく、
またバイクという乗り物の特性上、むき出しのエンジンは空冷との相性も良かったので、長い間空冷エンジンが主流でした。

ですが、自動車排出ガス規制や騒音規制法等の環境規制の強化で、空冷エンジンでは規制に対応することが難しくなってきていて、特に普通自動二輪以下の排気量では対応が難しいようで、400cc以下のバイクでは水冷エンジンが主流になってきているようです。

また、外観美や空冷エンジン独特のエンジン音を好むライダーは今でも多く、大型バイクでは空冷エンジンを採用しているバイクはまだまだたくさんあります。

実際、XJR400Rのエンジン音(空冷)は7,000rpmぐらいからのエンジン音がなんとも言えずいい音がします。
力強くて乾いたサウンドというか。
こればかりは実際に聞いてみないと分からないかもしれません。



業務用食材の仕入れ、卸販売なら通販専門店(株)南豊へ

肉のマルシェ

m_QR_Code20(2)-5c3a6.gif





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:バイク

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Copyright © XJR・はじめての整備とおいしいものツーリング All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
リスクヘッジ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。